米国株オプションに挑戦

カバードコールに魅せられて

【要約】恐怖で買って、強欲で売る ローレンス・A・コナーズ (著)

恐怖で買って、強欲で売る ローレンス・A・コナーズ (著)

①RSIパワーゾーン戦略

→この戦略の発展がTPS戦略

②クラッシュ戦略

セットアップ
1、株価5ドル以上
2、直近21日間(約1ヶ月)の平均出来高100万株以上
 →流動性のある銘柄を特定

3、100日間のHVが100%以上
 →最も値動きのある銘柄だけに焦点を合わせて空売りできる

4、コナーズRSIが90以上
 →短期的に反落する可能性が高い

仕掛け
5、昨日の終値よりY%(3~5)上に指値
 →さらに買われ過ぎの価格で仕掛ける

手仕舞い
6、コナーズRSIが(20~30)以下
 →明確な定数にして検証結果を出し、そのルールを一貫する。

③ボラティリティパニック戦略

セットアップ
1、VXXの価格が5期間MAを上回る。

2、RSI(4)が70以上

3、大引けでVXXの総ポジション10%空売り。

4、仕掛けた日の終値よりも高く引けたら、20%空売り

5、2回目の仕掛けた日の終値よりも高く引けたら、30%空売り

6、3回目の仕掛けた日の終値よりも高く引けたら、40%空売り

手仕舞い
1、VXXの価格が5期間MAを下回って引けたら、大引けで決済。

VXXをトレードするシグナルにVIXを使うことについて検証した。検証結果は良かったが、VXXのシグナルとしてはVXXほど良くはなかった。

deep ITM のプット(デルタ-70以上)を買うか、VXXを空売りしOTMのコール(デルタ20~30)を買う。デルタが-80のプットを買うのは、株式を空売りしてデルタ20のコールを買うのと同じだ。違いはデルタが20のコールはデルタが-80のプットより売買スプレッドが狭いので資金を節約できる可能性がある。しかし節約できた分はVXXの貸株料で少し減るだろう。

私の意見では、VXXをトレードする際にはオプションを使ってポジションを構築するほうが安全だ。

④新高値を利用したトレード
⑤TPS戦略

ロング戦略
1、ETFは200日MAを上回る

2、2期間RSIが2日連続で25を下回れば、大引けで10%買う

3、仕掛けた日の価格よりも低く引けたら、20%買う

4、仕掛けた日の価格よりも低く引けたら、30%買う

5、仕掛けた日の価格よりも低く引けたら、40%買う
 →スケールイン
 →大引けで200日MAを下回ったときは、どんな場合でも新たに買いポジションは取らない

6、2期間RSIが70以上で手仕舞う

ショート戦略はロング戦略の逆